トップ  >  TOPICS  >  【日本認知症グループホーム協会】3.11 メモリアル事業 開催のご案内(申込期間延長しました!3月1日まで)

 平成29年1月6日
  

 3.11メモリアル事業

地震の脅威
その時あなたは・・・

~グループホームの利用者を守る為の危機管理とは~

 多くの被災者や犠牲者を出した東日本大震災から、3月11日で6年が経過しようとしています。当協会はこれまで、被害に遭われた方々に追悼の意を表し「3.11メモリアル事業」を毎年開催してきました。そして、この間にも台風や土砂災害、熊本地震等にといて多くの尊い命が奪われ、自然の脅威になすすべもありません。とりわけ、開催地周辺で心配されている南海トラフ地震は、30年以内における発生率70%と高く、緊急に対策が急がれます。
今回の研修会は前回までの内容をより進歩させ、自然災害からグループホームの利用者を守り、安全、安心なホームづくりの為に事業者として何をするべきかを、様々な教訓と合わせて学びが得られる内容となっています

3月1日(水)まで申込期限延長しました!


◆と き:平成29年3月6日(月)13:30~16:40(13:00より受付開始)

◆ところ:愛知県産業労働センター(ウインクあいち)(住所 愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38)

◆主 催:公益社団法人 日本認知症グループホーム協会

◆定員数:150名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。

◆参加費(資料代として):日本GH協会会員・学生  ¥500-(資料代として)
                                           非会員 ¥1,500-
                                          ※当日、受付でお支払下さい。

≪ プログラム概要≫
◆講演
「南海トラフ地震にどう備えるか?」
~グループホームの利用者を災害から守る為の危機管理~
講師 全国危険物安全協会理事 佐藤 康雄 氏

◆シンポジウム
「それぞれの自然災害を振り返り備える」
~東日本大震災、熊本震災、岩手県豪雨災害の体験を通して~



3.11メモリアル事業 詳細・参加申込書ダウンロードはこちら

【本件に関する問合せ】
(公社)日本認知症グループホーム協会事務局
東京都新宿区大京町23-3 四谷オーキッドビル8階
TEL:03-5366-2157 / FAX:03-5366-2158

前
【(公社)日本看護協会】「介護施設等における看護職員に求められる役割とその体制のあり方に関する調査」の協力依頼について(更新:回答締切日延長および再度の協力依頼について)
カテゴリートップ
TOPICS
次
【認知症介護研究・研修東京センター主催】『ひもときシート活用促進シンポジウム』開催について(周知依頼)

 

 

 

協会の携帯サイトはこちら

当サイトのアクセス数
今日 : 190190190
昨日 : 556556556
総計 : 4049530404953040495304049530404953040495304049530

ご支援ありがとうございます